NEWS ニュース

十八銀行らの地域創生ファンドから総額1億円の資金調達 ー「世界を旅して、働こう。HafH(ハフ)」ー 拠点数は58施設に拡大

調達資金は、HafH 2号店であるGARDENの開発資金を含む長崎への投資及びシステム開発資金に充当。当社は引き続きHafHの発展を通じて、長崎及び地方経済の活性化へコミットして参ります。

株式会社KabuK Style(本社:長崎県長崎市 代表取締役 砂田 憲治、大瀬良 亮、以下KabuK)は、株式会社十八銀行(本店:長崎県長崎市 頭取:森 拓二郎)が、長崎県の地方創生・地域活性化を目的として、株式会社ドーガン(本店:福岡県福岡市 代表取締役:森 大介)と共同設立している「『元気な長崎』応援投資事業有限責任組合」(略称:『元気な長崎』応援ファンド)から、総額1億円の投資を受けましたのでお知らせいたします。

KabuKは、「多様な価値観を多様なまま許容する社会のインフラをつくる」という基本方針のもと、国籍、人種、性や宗教に関わらず、誰にでもオープンで、第2の(あるいは第3の)ふるさとに住まう人が、多様性とともに受け入れられる住居サービスの提供を行っており、長崎出自の企業として、人口増加、観光資源の一層の活用、若者を中心とした雇用の拡大等、長崎の経済活性化へも貢献して参ります。

詳しくはこちら

一覧へ戻る

CONTACT お問い合わせ

新規プロジェクト、採用、メディア掲載など各種ご相談は
下記にてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ