NEWS ニュース

「HafH(ハフ)」利用可能エリアが世界500都市を達成!2021年度は宿泊に「移動」も含めたMaaSサービスの構築に取り組む計画

2021年度は、鉄道・航空機・自動車等の交通事業者との連携を加速させるほか、ワーケーションによる効果測定に取り組む等、テレワークの可能性をさらに拡大

株式会社KabuK Style(共同代表取締役:砂田憲治、大瀬良亮)は、毎月定額で全世界に住むことのできるプラットフォームを目指す「HafH(ハフ:Home away from Home)」を2019年4月より提供しております。

この度、2020年2月に設定した「2021年3月末までに、HafH利用可能拠点を500都市まで拡大する方針」を予定通り達成したことをお知らせします。

これにより、2021年3月末現在、36の国と地域、509都市(国内343都市、海外166都市<うち台湾70都市>)の735拠点に定額で滞在することができます。

詳しくはこちら

一覧へ戻る

CONTACT お問い合わせ

新規プロジェクト、採用、メディア掲載など各種ご相談は
下記にてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ