NEWS ニュース

定額制宿泊サービス「HafH(ハフ)」を提供するKabuK Styleと凸版印刷が資本業務提携を締結、ワーケーション事業で協業

個人情報保護・認証機能プラットフォームの連携をはじめ、脳波デバイス「b-tone™」を使用したパフォーマンスの可視化など、様々な事業提携を推進

KabuK Styleが提供している「HafH」は、毎月定額で世界中の宿泊施設に滞在することができるサービスです。2021年5月末現在、36の国と地域、515都市の809拠点(ホテル、旅館、ゲストハウスなど)を定額で利用することができます。ホテルを始めとする宿泊施設の定額化により、ワーケーションや多拠点居住などの新しいライフスタイル・ワークスタイルを提案しています。

また凸版印刷は働き方改革を推進する上で欠かせないITサービスにおける個人情報保護・認証機能の共通基盤プラットフォーム「My Anchor®」(※1)や、自分の集中状態を可視化できる脳波デバイス「b-tone™」(※2)などを提供しています。

本提携により、凸版印刷が提供している「My Anchor®」を始めとするセキュア領域の技術・ノウハウと、KabuK Styleが提供しているサービスを掛け合わせ、ワーケーション支援などによる働き方改革を支援するとともに、「b-tone™」を活用したワーケーションの効果測定など、様々な共同事業を通じて相互の事業シナジー最大化を目指します。

詳しくはこちら

一覧へ戻る

CONTACT お問い合わせ

新規プロジェクト、採用、メディア掲載など各種ご相談は
下記にてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ