NEWS ニュース

好評につき、第3弾実証実験開始!JR西日本×KabuK Style「HafH得west割」

新しいライフスタイルの推進&西日本エリアの活性化に向けて

西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:長谷川 一明、以下「JR西日本」)は株式会社KabuK Styleと提携し、新しいライフスタイルの推進及びJR西日本エリアの活性化に向けた第3弾実証実験として、2022年8月1日(月)よりKabuK Styleのサービス「HafH(ハフ)」会員を対象としたJR西日本×KabuK Style「HafH得west(ウェスト)割」サービスの実証実験を開始します。

JR西日本グループでは、これまでも社会変容に対応した新たなライフスタイルの促進として、鉄道と新たなサービスを掛け合わせた多様なライフスタイル「NEW WAY of RAILWAY」の提案をしています。

第1弾実証実験(2020年9月~2020年11月に実施)及び、第2弾実証実験(2021年4月〜2021年11月に実施)について、ご好評且つ新たな移動の創出と活性化に一定の効果があったことを受け、今回の第3弾実証実験では、新幹線及び特急について乗降駅の制限が軽減され、より自由度が高く、おトクなきっぷをご利用できる、HafHの有料会員限定のサービス JR西日本×KabuK Style「HafH得west割」を実施します。

JR西日本グループの鉄道ネットワークと、KabuK Styleの毎月定額で世界中の宿泊施設を利用することができる、旅のサブスク「HafH」を相互に機能させ、誰もが「旅も、仕事も、お気に入りの場所で」を実現できる新しいライフスタイルを提案し、「なんども訪れたくなるまち、沿線づくり」に引き続き取り組んでまいります。

なお、KabuK Styleは、JR西日本の100%子会社のコーポレートベンチャーキャピタルである、株式会社JR西日本イノベーションズ(大阪市北区、代表取締役社長:奥野 誠)が出資した資本業務提携先です。

詳しくはこちら

一覧へ戻る

CONTACT お問い合わせ

新規プロジェクト、採用、メディア掲載など各種ご相談は
下記にてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ